住む人に優しいオーガニックな新築を山梨で建てるなら奥秋建設へ。安心・リラックスして家づくりに専念できる環境のお手伝いを致します。是非ショールームにお越しください、まるで自然の中にいるような、思わず深呼吸したくなる「オーガニックハウス」全身で体感してみてください。
山梨|奥秋建設
お問い合わせ

TEL.0554-56-7255

HOME >> 家創りで完成した人が気になった30の質問 >> 漆喰について >> 湿度が高い時、壁に水滴等はつきませんか?

湿度が高い時、壁に水滴等はつきませんか?

水滴の問題は主に断熱性能の問題で起こる結露のことと思いますが、これは外気温、室内気温、室内湿度と断熱性能などとの関係で発生する条件で決まります。

もし建物の構造と断熱性能が同じでしっくい仕上げとビニールクロス仕上げを比べた場合、仕上げがビニールクロスなどの場合露点温度に達した場合すぐに水滴が現れますがしっくい仕上げの場合この水分をある程度保湿し、表面に水滴が発生するのをずいぶん抑えてくれます。

当然保水能力を超えた場合は水が滴ってきます。室内で、加湿器を多用した場合はその可能性があります。
お問い合わせはこちら